バイク

所さんが仕立てるハーレーカスタムの真髄に迫る!! その07

ストックヤードで発見される
様々なパーツ達で仕立てられる
ディテールに注目
倉庫で発見されたパーツ第二弾。フットレストとフェンダー。フットレストは曲がってしまって使えないというものだったのですが、逆にその曲がった感じが素晴らしいということで、採用!!早速装着。発見済みのシートも合わせてみたところ、かなり良い感じなのでした。
サンダンスの倉庫には様々なパーツが眠っています。この日発見されたもう一つのパーツは、ナックルからパンヘッドまでの時代に使われていた古いキーシリンダーとメーターのフレームのアッセンブリー。メッキの剥げ具合や、カギのデザインなど、どれを取っても所さん好み。
錆びたタンクと
スプリンガーフォークと
フィンドロッカーカバー
アバター
編集部
唄を作るとき、一番最初に手がける部分はどの辺りになるんですか?
アバター
所さん
そりゃテーマだよ。
テーマがないと作れない。で、歌詞ができたら、それに合わせたメロを作るんだけど、それはほぼ同時の作業かな。で、このバイクで言ったらそのテーマみたいなモノがスーパーリアルナックルから来ているんだけど、じゃ、それがいいからって俺も順番に並んで待つわってさ、サンダンスでスーパーリアルナックルの納車を待っている人の後ろに並んでってのだと、面白みが無いんだよね、俺には。スーパーリアルナックルが良いなぁって言ってて、リアルナックル風なのを作って、それで俺はこっちの方が大満足っていうのだよね。リアルナックルをみて、リアルナックルを注文しても、遊びが無いんだよね。そうなんですよ。あと、大事なのは、面白みが無いものに面白みを見いだすってことですよ。そういう才能が俺にはあるんだろうね。例えば、フェラーリ買う。フェラーリ買ったって、それ以上、やりようが無いじゃんってなもんだけど、いやいや、馬を寝かせたら面白いんじゃ無いの?とか、フェンダーの脇に付いているマークの馬をブレーキくれてるようなのにしちゃえば面白いんじゃ無い?とか、何とかおもしろがれるんですよ。

97ch Pick Up